トップ > お肌のお役立ち情報 > 【スキンケアアドバイザーみーこが解決!】肌悩みあるあるQ&A > シミ編

シミ編

このシミあったかしら?!だんだんシミが濃くなってる?! 見た目年齢を引き上げる、シミは、お手入れと生活習慣で改善できます! シミには、とてもたくさん種類があります。まずはご自分のシミタイプを知ることから対策を始めましょう。

【肝斑】
30~40代の女性によく見られ、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。女性 ホルモンによる原因があると言われています。

【そばかす】
小学生ころから出るのが普通です。紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。頬や鼻の周りに多く現れるほか、手足など体にも現れます。

【老人性色素斑】
高齢者の額から頬にかけて見られるシミです。老化による皮膚の変化によると言われています。「光老化性色素斑」とも呼ばれます。

【炎症性色素沈着】
ニキビやかぶれ、火傷などの炎症が刺激となってメラニンが生成され、沈着し、シミとなって残ったものをいいます。

【肌老化】
その名の通り、肌が老化してできるシミのことを指します。実年齢に関係なくできることが多く、紫外線ケアをしていない、よく紫外線を浴びる、乾燥肌、ストレス、睡眠不足、栄養の偏りなどの要因よって起こるものになります。

【脂漏性角化症】
いぼのようにできるシミです。 老人性色素斑には、濃くなったり広がったりする特徴があります。 さらに数年にわたって放っておくと皮脂が混ざり、平らだったしみが、いぼのような出っ張りができてしまいす。

≪対策≫
私達の皮膚は絶えず新陳代謝を繰り返して新しい細胞に生まれ変わっています(ターンオーバー)。表皮細胞が紫外線などで刺激されると、メラノサイト活性化因子が分泌され、表皮と真皮の間にあるメラノサイト(色素形成細胞)に「メラニンを作れ!」と信号を出します(自己防衛反応)。メラニン色素がつくられ続けると、シミとなって残ってしまいます。シミはピーリング効果で薄くなることが期待できます。 出来てしまったシミ対策には、生活習慣を整えお肌のターンオーバーのサイクルを遅らせないよう、お肌の新陳代謝を促しましょう。

【スキンケアアドバイザーみーこが解決!】肌悩みあるあるQ&A

ほうれい線編

ある日突然現れて、私の顔に居座るようになったほうれい線・・・初めのうちは笑いジワ?! なんてお気楽にかんがえていましたが、鏡を見るたびしっかり…

もっと見る

たるみ編

年齢とともに気になる、顔のたるみ。肌がたるんでいると、年齢より上に見られたり、疲れているように見られたり・・たるみの原因を知ることにより、ほうれい線や…

もっと見る

関連お役立ち情報

プティレアージュ現品3点セット【約60日分】しっかり、たっぷり
ターンオーバーのサイクルに合わせてお試しいただき、お肌の変
化を実感してほしい。
そんな想いを込めて、現品をお届けいたします。

お得な3点セットはこちらから